【フランス語表現】avoir(mal à/du mal à/le mal)を例文つきで解説!

alphabet フランス語

avoir mal à
avoir du mal à
avoir le mal

の意味をそれぞれ聞かれたら、皆さんはこたえられますか?冠詞だけで大きく意味が変わってしまうのに、区別するのは難しいですよね。今回は、これら3つの表現を例文つきで解説します。もう忘れることがないよう、例文を口に出して唱えてみましょう!

avoir mal à/avoir du mal à/avoir le mal の違い

avoir mal à 体の部位

headache

〜が痛いという意味です。
体の部位が痛む場合には、この表現を使います。

後ろに続く名詞の性によって

àを変形させることを忘れないでね!

例文

avoir mal à la tête 頭が痛い
avoir mal à la gorge 喉が痛い
avoir mal au ventre お腹が痛い
avoir mal au bras 腕が痛い
avoir mal aux yeux 目が痛い
avoir mal aux dents 歯が痛い

avoir du mal à +inf

questioning

〜することに苦労するという意味です。
inf.は《infinitif》の略で、動詞の原型を表しています。

例文

J’ai eu du mal à comprendre ce que mon professeur a dit.
先生が言っていることを理解するのに苦しんだ。

J’ai du mal à m’exprimer en français.
私はフランス語で自分のことを上手く表現できない。

avoir le mal

feel sick

この表現は、
avoir le mal de mer (船酔いする)
avoir le mal du pays(ホームシックにかかる)
という形で使用されます。
“mal de mer”, “mal du pays”が「船酔い」、「ホームシック」という名詞句と捉えられるため、冠詞が”le”になっています。

意味を考えれば、冠詞を間違えなさそう!

まとめ

3つの表現、きちんと理解できましたか?
おさらいをしておくと、

avoir mal à 体の部位 (〜が痛い)

avoir du mal à +inf (〜することに苦労する)

avoir le mal de mer (船酔いする)

avoir le mal du pays (ホームシックにかかる)

になります。例文を反復して、しっかりと覚えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました