【保存版】誘いや待ち合わせで使えるフランス語表現を徹底解説!

Invitaition フランス語

フランス語で誰かを遊びに誘う時や誘われた時、
「あれ、なんて言うんだっけ…」と戸惑った経験はありませんか?

今回は、
待ち合わせをする時、誘う時、誘いを受ける時/断る時
に使えるフレーズをご紹介します。

カジュアルな表現とフォーマルな表現をそれぞれ説明しているので、相手によって使い分けられるようになりましょう!

待ち合わせをする時のフレーズ

時間を決める時

カジュアル On se voit [retrouve] quand?
フォーマル Quand est-ce qu’on se voit  [retrouve] ?

「いつにする?」という意味の表現です。

具体的な時間を入れて提案することもできるよ!

例文

On se voit vers 18 heures?
18時ごろ待ち合わせる?

-Plutôt à 20 heures.
20時の方が都合いいな。

場所を決める時

カジュアル On se voit [retrouve] où?
フォーマル Où est-ce qu’on se voit  [retrouve] ?

「どこで待ち合わせる?」という意味の表現です。

quandをoùにするだけなんだ!

例文

On se voit devant la gare?
駅前で待ち合わせる?

-Oui,d’accord.
うん、了解。

相手の都合を聞く時

何日/何時が都合いいですか?
カジュアル Quel jour [Quelle heure] t’arrange?
フォーマル Quel jour [Quelle heure] vous arrange?

今夜空いてますか?
カジュアル T’es disponible [libre] ce soir?
フォーマル Êtes-vous disponible [libre] ce soir?

Tu esをT‘esと略すことで、より自然なフランス語になるよ◎

例文

T’es libre ce soir?
今日暇?
-Oui, je suis libre.
うん暇だよ。

誘う時のフレーズ

「〜しませんか?」と提案する時のフレーズを4つご紹介します。

上級者編

Si on 半過去?

Onをnousに変えてもOK!
でも口語ではOnを使う方がよりネイティブっぽいよ◎

例文

Si on allait se promener?
散歩しに行かない?

-C’est sympa!
いいね!

初級者編

動詞の活用をせずに、原型のまま使ってOKなフレーズを紹介します。

Ça te [vous] dit de

カジュアル Ça te dit de +動詞の不定詞
フォーマル Ça vous dit de +動詞の不定詞

例文

Ça te dit de faire du tennis?
テニスしない?

-Ça (ne) me dit rien.
気が進まないな。

On va 動詞の不定詞

例文

On va prendre un verre?
一杯飲みに行かない?

-Pourquoi pas!
そうしよう!

Pourquoi pasは直訳すると、「どうしてダメなの?」という意味だけど、「いいね!」というポジティブな意味で日常会話ではよく使われるよ!

Pourquoi pas +動詞の不定詞

例文

Pourquoi pas manger ensemble?
一緒にご飯食べない?

-Non, merci.
やめとくわ。   

Pourquoi pasは、誘うときにも使えるんだ!

誘いを承諾する時のフレーズ

Accept

カジュアル

Avec plaisir!
喜んで!

Bonne idée!
いいね!

D’accord.
OK!

●フォーマル

J’accepte avec plaisir.
喜んでお受けします。

誘いを断るときのフレーズ

Refuse

C‘est dommage, mais___
申し訳ありませんが___

C’est gentil, mais___
お誘いありがとうございます。でも

J’aurais adoré mais___
とても〜したいんだけど、

上の3つの表現を文頭につけると、丁寧で感じが良くなるよ!

Je suis occupé(e)
私は忙しいです。

Je peux pas ce jour-là
その日は都合が悪いです。

J’ai quelque chose de prévu.
予定が入っています。

Ca tombe mal!

タイミングが悪かった

誘い表現のまとめ

これさえ押さえておけば、フランス語で待ち合わせができるようになりますね!
反復練習をして、自然に言葉が出てくるくらい頭に叩き込みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました